こんにちは福岡県糟屋郡粕屋町のはる整骨院の小西です。
8月も終盤になり、夏の高校野球も今日が決勝戦です!!!

広陵(広島)と花咲徳栄(埼玉)どっちが勝っても甲子園初優勝になるみたいです。
今年の甲子園も沢山のドラマがありましたね。お仕事でなかなか見れない方も、ニュースなどで
見られたと思いますが、甲子園1大会での本塁打数を清原選手の記録を更新した広陵の中村選手!!
今回の甲子園は彼の為の甲子園!!!とまで、言われるほどの活躍ですね!!!

夏の甲子園を目標に毎日練習を繰り返して、決勝まで残った両チーム全力で頑張ってほしいです。

ここ最近高齢者の患者さまで、膝の痛みをメインで治療している方が多く、痛みが強い方は来院頻度を多めにして
まず、痛みを和らげる治療をメインでやる事で痛みは良くなった方が増えました。

そんな中で歩行中のふらつきや長い距離を歩けない、など痛みは良くなったのに、それ以外での悩みもある方もいます。
ある高齢者の患者様では膝が痛くなる前は、1日4000~5000歩ほど歩いてもなんともなかったが、痛みがでてからは、
100~200歩ほど歩くだけでその日は痛みで動けない!!それほどの痛みがあった方でも1週間ほど通ってもらい、痛みを和らげる
治療をすると、歩ける時間・距離も伸びて今では痛くなる前ぐらいに歩けるまで回復しました。

その患者様の最近の悩みが歩行中のふらつきです。
下肢の筋力テストをすると右の足に比べて左の足の筋力が弱く、股関節・膝・足関節の関節可動域も
少なく歩行中のふらつきも横揺れが大きくなっている為、今は痛みの治療プラス、歩行時のふらつきを少なくする為に治療をやっています。
ふらつきが多いと転倒の危険も増える為その危険を減らすことも大切です。

意外に歩行中の悩みがある方も多いので家族の方や友人で悩まれている方がいましたら
お話ししてみて下さい!!

投稿者プロフィール

haru